銀座 蔦屋トークイベント|中藤毅彦×飯沢耕太郎×羅苓寧 写真集『White Noise』刊行記念 「写真集の極北を目指して」11月14日[水]

左から右|飯沢耕太郎さん、中藤毅彦さん、アマンダ [ 以下、銀座蔦屋のイベントページより転載|詳細|more info ] この度、写真家・中藤毅彦さんの写真集『White Noise』の刊行を記念し、トークイベントを開催します。 対談相手は写真評論家であり、また「写真集食堂 めぐたま」創設者の一人である飯沢耕太郎さんです。都会を中心にストリートスナップ作品を発表し続けている中藤さんは、写真集コレクターとしても知られています。彼の7作目となる『White Noise』は、東日本大震災以降の東京をテーマにその混沌の様を写真集そのもので表現しています。 今回のトークでは、写真集に造詣が深いお二人に、その造本の仕掛けや裏話をはじめ、名作写真集を参照しながら、「造本」という観点から写真の意図を解き明かして頂きます。 また、モデレーターとして写真集『White Noise』を編集・デザインした羅苓寧さんが加わります。本書の造本原型となった写真集や、今回のデザインの必然性についてトークして頂きます。トーク終了後にはサイン会も行います。皆様のご参加をお待ちしております。 【プロフィール】 中藤 毅彦(なかふじ たけひこ) 1970年東京生まれ。早稲田大学第一文学部中退、東京ビジュアルアーツ写真学科卒業。モノクロームの都市スナップショットを中心に作品を発表し続けている。国内の他、東欧、ロシア、キューバなど世界各地を取材する作家活動とともに、四谷三丁目にてギャラリー・ニエプスを運営。東京都写真美術館にて日本の新進作家Vol.13「東京・TOKYO」展に出展。2013年に第 29回東川賞特別作家賞

© 2020 intermediArt

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Tumblr Icon